肌トラブルには様々な症状があり、オイリー肌、乾燥肌、敏感肌、赤ら顔などお肌の悩みは十人十色です。今回は、アトピーで悩んでいる方におすすめできる顔脱毛をご紹介していきます。

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、慢性的に皮膚が炎症を起こしてかゆみや発疹を起こしてしまう皮膚炎のことです。

原因は、はっきりとは分かっていませんが、アレルギー性の皮膚炎で化粧品や洗剤の成分・花粉・埃などに肌のバリア機能が過剰反応を示してしまうことで発症するといわれています。アトピー性皮膚炎の方は、何かしらのアレルギーを持っていることがほとんどです。

肌を健康に保つために洗濯洗剤をオーガニックのものに変えたり、掃除用洗剤を重曹やクエン酸に変えたり、下着をコットン素材にするなど工夫すれば症状が軽減されることもあるので、お悩みの方は是非試してみてください。

アトピー肌の方はドライスキン状態になっているので、きちんと肌のお手入れをして保湿を心がけましょう。

アトピー性皮膚炎だと顔脱毛は出来ないの?

アトピー肌の脱毛

顔脱毛に通いたいけれど、アトピー肌だから諦めています」という方もいるようですが、脱毛が受けられないからといって、カミソリを使用した自己処理をおこなっていけません。

アトピー肌は、通常の肌状態と違って乾燥状態にあるので、かみそりやシェイバーを当ててしまうと、必要な角質をそぎ落としてしまいます。

薄くなってしまった肌を保護しようとして、アトピーの症状がさらに悪化してしまうので、自己処理は絶対に辞めましょう。またアトピー悪化だけでなく、毛を太く・濃くする原因にもなってしまいます。

では、「アトピー肌の私はどうしたらいいの?」という方に、ディオーネのハイパースキン法をおすすめします。

このハイパースキン法は、通常の光脱毛よりも肌への刺激が優しいので、他のサロンで脱毛を断られてしまった方も安心して施術を受けることができます。

ハイパースキン脱毛法と光脱毛の違い

まず大きな違いは、光照射時の温度です。光脱毛は温度が60℃前後になるのに対して、ハイパースキン脱毛方は38℃と低温で肌への負担がとても少なくなっています。

そのため、肌が乾燥状態だったり、トラブルがある状態でも施術が可能なのです。(光脱毛は、火傷の原因になってしまうので肌トラブルがある方への施術をお断りするところが多いようです。)

ハイパースキン脱毛法は、とても低刺激なので3歳の小さなお子さんが受けられるぐらい安全です。肌の弱い方にもおすすめですが、照射温度が違うので光脱毛に比べて少し効果が劣ります。

顔脱毛は他の箇所よりも毛が細いので効果を実感するのに時間がかかりますが、しっかりと周期を守って通えば少しずつ効果は出てくるので問題はありません。顔の無駄毛の悩みからきっと解消されるはずなので、アトピー肌でお悩みの方は是非、検討してみてください。