ベースメイクをするときに、「たっぷり保湿しても夕方には目じりや、口元が乾燥でひび割れしている」ということはありませんか?

ポイント

これらのひび割れは、顔脱毛で化粧のりが改善し、つるんとなめらかな肌を手に入れることが出来ます。

産毛が無くなればメイクにより肌がカバーされる

anzen

もし、まだ顔脱毛をされていないのであれば、一度産毛が生えた状態でファンデーションを塗ってみてください。リキッドファンデーションでも、パウダーでも産毛が邪魔をして均一にファンデーションが付着してくれません。

肌表面に生えている産毛にファンデーションがまとわりついてしまって、ムラ無くカバーするのが難しいと思います。このままの状態で時間が経つと、乾燥肌の方は目じりや、口元などのしわになりやすい部分がひび割れの原因へと繋がります。

しかし、顔脱毛をすることによって、ファンデーションが肌に密着し、均一に塗ることが出来るのでムラになりにくく、さらにひび割れも防いでくれます。また、産毛にファンデーションが付着することが無いので、うす付きで透明感のある仕上がりになります。

産毛が無くなれば保湿効果もアップする

顔に生えている産毛には、細かい皮脂汚れが付着していて日常の洗顔ではなかなか落とすことが出来ません。だからといってゴシゴシ洗顔しても皮脂よごれが落ちない上に、肌を痛めてしまうので危険です。

この皮脂汚れが原因で、基礎化粧品の浸透を妨げて、保湿成分が肌の奥まで浸透しなくなります。しかし、脱毛をおこなうことにより、毛穴や毛に付着していた皮脂汚れがなくなり、保湿成分が肌に浸透しやすくなるのです。

その結果、肌質が改善されてお化粧ノリが良くなり、夕方まで化粧崩れがしにくくなります。お化粧をする際に大事なのは、上から塗る化粧品よりも肌そのもののコンディションです。

いくら、カバー力があって高価なファンデーションを使っても、元々の肌のトラブルが改善できなければきれいに仕上がりにはなりません。有効成分がより肌に働きかけやすい環境をしっかりと作ってあげましょう。

脱毛自体が肌質改善につながる


ディオーネのハイパースキン脱毛法でしたら、乾燥肌の方でも安心して脱毛できますし肌質の改善効果も期待できます。

ハイパースキン脱毛の際、照射される光にコラーゲンの生成を助けてくれる作用があるので、脱毛に通いながら潤ったなめらかな肌を手に入れることが出来ます。

ディオーネに通っていた方の中には、毛穴が小さくなって化粧ノリがよくなったと実感された方もいらっしゃるので、肌質改善効果も期待したい欲張りさんにはうってつけのサロンです。

まだ顔脱毛をされたことがない方は、一度顔そり用の電動シェイバーで、産毛を剃って化粧をしてみてください。くれぐれも肌を傷つけないように注意しながらシェービングをおこなってください。メイクの仕上がりが違うのは一目瞭然です。

お化粧が密着することによって、ファンデーションのひび割れを改善し、つるんとした仕上がりになります。ただし、シェービングを頻繁におこなうと肌への負担が大きくなるので是非、顔脱毛でなめらかな肌を手に入れましょう。