高温の光を敏感なお顔に照射していく脱毛行為は痛そうに感じますよね。「顔脱毛は痛いのではないか」と、不安に感じている方の疑問にお答えいたします。

顔脱毛の痛みは施術方法で変わる

顔の脱毛クリニック

なぜか世間では、脱毛は痛いものだ認識している方が非常に多くいらっしゃいます。しかし、痛みを伴うかどうかは脱毛方法によって大きく差が出るので、ひとくくりに「脱毛=痛い」というわけではありません。痛みを伴うかどうか、脱毛方法別にまとめました。

光脱毛

一般的にエステサロンで広く取り扱われている脱毛方法です。私は光脱毛で顔の施術を受けましたが、ほんのり暖かく感じる程度で痛みは一切ありませんでした。(実は施術を受ける直前まで、脱毛は痛いと思い込んでいましたが全然問題ありませんでした。)

私の周りでも光脱毛で施術を受けた方が多いのですが、痛いといっている方は居なかったので痛みはほとんど無いものだと思います。脱毛時、肌を保湿・冷却して光を照射すれば、顔脱毛で痛みを伴うケースはほとんどないので安心です。

医療レーザー脱毛

クリニックなどの医療機関で受けられる脱毛法で、法律によって医療従事者以外の施術は禁止されています。光脱毛に比べて、照射される光が強く脱毛効果が高いのが特徴ですが、その分光脱毛より痛みを感じる方が多いです。

私の友人は、医療レーザーでワキ脱毛を受けたのですが、「痛みが強すぎて一回で辞めてしまった」と言っていました。皮膚が薄いお顔となると、さらに強い痛みを伴ないます。口コミでも痛かったという意見が多いので、肌の弱い方や痛みに弱い方は医療レーザーでの顔脱毛は辞めておきましょう。

電気美容脱毛

電気美容脱毛は、ニードル(針)とも呼ばれている脱毛法です。施術に高度な技術を要するため取り扱っているサロン、クリニックが非常に少ないです。

上記二つの脱毛法と違い、毛穴1つ1つに針をさして、毛根の細胞に直接ダメージを与えていく方法になります。脱毛効果も費用も非常に高く、1本残らず徹底的に脱毛したい方向けですが、非常に強い痛みを伴います。そのため、電気美容脱毛を受ける際は気になる箇所を部分的に脱毛されるのがおすすめです。

ただし、1度脱毛した毛穴には永久脱毛の効果があるので、痛みも我慢できて美意識の高い方にはこの脱毛法が満足の行く結果を得られると思います。

ポイント

このように、脱毛効果が高い脱毛法ほど痛みを強く感じるようになっています。そのため、痛みに弱い方、肌が弱い方が顔脱毛をする際は一番リスクの少ない光脱毛での脱毛がおすすめです。

電気美容脱毛は、眉毛など光脱毛では脱毛しきれない箇所や、部分的に気になる箇所をやるのにはおすすめですが、頬やおでこなどの広範囲をやるのは費用も高くなるうえに非常に強い痛みがあるのでおすすめできません。脱毛法をうまく使い分けて、つるつるお肌を手に入れましょう。