家庭用脱毛器「ケノン」はご存知でしょうか?脱毛効果が高いとの定評がある家庭用脱毛器です。ケノンに関するレビューや、口コミは評判が良いものが多く、なんだか怪しい気もしましよね。

ケノンの実際の効果はどうなのかを検証し、調べてみました。

家庭用脱毛器ケノンの特徴

kenon1

家庭用脱毛器には色々種類がありますが、その中でもケノンは本体価格が少しお高目になります。しかし、照射面積や使用回数を考えたら、ケノンのコストパフォーマンスは非常に良いです。

ポイント

家庭用脱毛器には顔脱毛がおこなえいない製品が多数ありますが、ケノンは顔の脱毛にも使っていただいて大丈夫な商品になります。

ケノンの実際の効果は?

使用頻度 週に1回ほどの使用になります
脱毛方法 光脱毛
強さ調節 10段階
照射面積 3.7cm×2.5cm
照射回数 20万発(レベル1使用時)

ケノンの使用方法と注意点

  • 最初は低いレベルから試して、徐々に高い出力にしていって下さい。いきなりレベル10で照射して火傷などの事故を起こした方もいらっしゃるようです。
  • 効果と安全性を高めるために、たっぷり保湿して、冷やした上で光を当ててください。
  • ほくろやニキビのあるところに、光を当てないで下さい。火傷になってしまうので、シールをはったりその箇所は避けるなどの工夫をして使用しましょう。

継続的に使用をすることでムダ毛が生えてくるスピードが遅くなったり、毛が細くなるのでしっかりと効果を実感できます。ただし、セルフで施術をおこなうことになるので当て漏れをする方が多いようです。もし脱毛サロンに通うことが可能であれば、そちらのほうが確実にムダ毛を綺麗に脱毛できます。

1年くらい使用すると大分ムダ毛が生えてこなくなりますが、効果に関しては少し個人差があります。ケノンは出力の調整がおこなえるので、強い出力で使用をすればそれよりも早く効果が実感できる方もいますし、弱い出力で使用をした場合は効果を実感するまでに時間がかかることがあるようです。

他社の家庭用脱毛器との比較

家庭用脱毛器にも色々種類がありますが、顔脱毛に向いているか他のものと比較してみました。

トリア

レーザー式の家庭用脱毛器になります。効果は高いですが、ケノンに比べて痛みがあるので、肌の弱い方には不向きです。鼻下から下の脱毛しか出来ないので、顔脱毛にはあまり向いていません。

LALVI(ラヴィ)
IPL光脱毛式の家庭用脱毛器になります。顔脱毛も可能です。照射範囲も広く出力調節も7段階ありますが、カートリッジの消耗が早く、コストパフォーマンス・効果ともにケノンのほうが高いです。

光エステ
光脱毛の家庭用脱毛器になります。こちらは首から上への使用ができないので、顔脱毛に重点をおいて脱毛器をお探しの方には不向きな商品になります。

ケノンとの比較結果

人気の家庭用脱毛器で、抑毛・脱毛効果のあるものと比較しましたが、やはりケノンが効果・費用の面で評価が高かったです。ただし、ケノンは照射部分の面積が広いので、顔に使用する場合少しやりづらく感じる方もいるようです。

顔の脱毛はサロンと家庭用脱毛器どっち?

サロンで脱毛するのも、家庭用脱毛器もそれぞれメリット・デメリットがあります。自分の生活スタイルやニーズにあった脱毛法を選びましょう。

人気の家庭用脱毛器で、抑毛・脱毛効果のあるものと比較しましたが、やはりケノンが効果・費用の面で評価が高かったです。

ただ、照射部分の面積が広い分、顔脱毛はちょっとやりづらく感じる方も多いと思います。サロンで脱毛するのも、家庭用脱毛器もそれぞれメリット・デメリットがあります。自分の生活スタイルやニーズにあった脱毛方を選びましょう。