家庭用脱毛器をご存知でしょうか?自宅で脱毛ができる機械が今、とても人気を集めています。そこで気になるのが、脱毛サロンに行くのと、家庭用脱毛器どちらで脱毛するのが良いのか?と、いうところですよね。

顔の脱毛には、脱毛サロンと家庭用脱毛器どちらが適しているのか?メリット、デメリットで比較しました。

ケノンってどんな家庭用脱毛器?

家庭用脱毛器のケノン

家庭用脱毛器の中で最も人気が高いケノンは、サロンやクリニックに通うよりも低価格で脱毛がおこなえますし、なんといってもわざわざお店に通う手間がなく、自宅で好きなときに脱毛がおこなえるのが魅力です。

光の出力は10段階の調節がおこなえるので、肌が弱い方や、初めての脱毛で肌荒れが心配な方でも自分の肌質に合わせて脱毛がおこなえます。

ただし、セルフ脱毛は出力が調整できるので効果に個人差があり、エステサロンと同じくらい効果が出た方も居れば、まったく効果を実感できなかった方もいらしゃるようです。

顔脱毛をするならお勧めは家庭用脱毛器ケノン?光脱毛?

kao-is
顔脱毛をお悩みの方に、家庭用脱毛器ケノンと脱毛サロンそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

家庭用脱毛器ケノンのメリット

  • 費用が安く済む
  • 好きなときに使用できるのでサロンに通う手間がない
  • 顔脱毛だけでなく全身にも使える

家庭用脱毛器ケノンのデメリット

  • 知識を持っているサロンのスタッフではなく、素人のセルフケアなので肌トラブルがおきやすい
  • 顔の肌は範囲も狭く凹凸も多いためムラなく光を当てるのが難しい
  • 顔部分は肌トラブルがおこりやすいので照射時の出力が上げづらく効果が出にくい

光(フラッシュ)脱毛のメリット

  • プロのエステティシャンと肌のコンディションを確かめながら施術が受けられるので、トラブルにつながりにくく安心
  • 照射時に美容成分入りのジェルで保護してくれたり、施術後に美容液を塗ってくれるなどのアフターケアがしっかりしている
  • 脱毛効果が実感しやすい

光(フラッシュ)脱毛のデメリット

  • 顔以外の箇所も脱毛するとケノンよりも費用がかかる
  • 予約を取って通うのが面倒

簡単にそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみましたが、顔脱毛に関しては、ケノンでは光の照射部分の範囲が比較的広く、細かい箇所への施術が難しいためムラになりやすいので、お顔のような範囲が狭い箇所にはあまり向いていないようです。

たら〜

また、細い毛は弱い出力だと効果が出ないことが多く、無理に出力を上げてやけどなどの事故を招いてしまった方もいらしゃるようです。

全身脱毛を受けた方は経験済みだと思いますが、サロンでは芯まで凍えるぐらい冷たいジェルなどを塗って光を照射し肌の負担を減らしてくれます。

それ程、脱毛の施術をする際は、光による熱の負担が肌にかかるので、皮膚の薄いお顔の脱毛は多少お金をかけてでも、サロンで施術を受けたほうが安全で安心できると言えるでしょう。