子育てというのは、独身時代や子供がいない時代には想像できないくらい、自分の時間が持てなくなります。美容院、ジム、エステ、コンビニやスーパーすら気軽に行けなくなりますよね。

そうなる前に脱毛は済ませておきたいとお考えの方も多いと思いますが、妊娠中に顔脱毛は可能なのか調べてまとめてみました。

妊娠中は脱毛がおこなえません

josbos

妊娠を機に退職されたり、休職された方は分かると思いますが、妊娠中は非常に時間をもてあまします。この機会に脱毛を考える方もいらっしゃると思いますが、妊娠中の脱毛は極力控えてください。

「顔脱毛は、赤ちゃんがいるおなかの付近ではないから悪影響はなさそうだ」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、やはり妊娠中は脱毛そのものを控えてもらったほうが賢明です。

ポイント

また、妊娠中はホルモンバランスが乱れやすく、肌トラブルが起きやすいので施術が受けられないサロン、クリニックがほとんどです。妊娠中は脱毛が受けられないと認識しておくと良いでしょう。

妊娠中の脱毛は、受けられない理由

  • 脱毛の刺激によって陣痛を促し早産を招く危険性があるため
  • 妊娠中は、ホルモンバランスがいつもと違っているので毛周期が安定していない
  • 妊娠中には人によって毛が濃くなったり、薄くなったりするので本来の脱毛効果が発揮されない
  • 脱毛を受けるときに、同じ体制で受けなければならないので結構つらい
  • 体調を崩しやすい
  • 妊娠中に脱毛の光を肌に当てると、しみが出来てしまう可能性がある

などなど、様々な危険を伴いますので、ほとんどの脱毛サロンでは妊婦さんの脱毛は受け付けてくれません。また、せっかくお金と時間をかけていっても脱毛効果が獲られない可能性もありますので、妊娠中の方は子育てが落ち着いた後にしましょう。

妊娠中は自己処理も気をつけましょう

脱毛の施術が受けられないので自己処理をされる方も多いと思いますが、妊娠中は肌が敏感になっていて、いつものお手入れが刺激になってしまう場合があります。

いつもはかみそりでシェービングしていても平気だったのが、急に肌あれになってしまったり、乾燥をまねいたり、急に体質が変わってしまうことも多いです。

デリケートゾーンの無駄毛の自己処理

妊娠中は感染症にかかるリスクが通常時より高いため、デリケートゾーンのお手入れは極力控えましょう

おなかの産毛の自己処理

妊娠中期あたりから、おなか周りの毛が濃くなる方が多いようですが、出産後に元に戻るので下手に剃ったり抜いたりしないで下さい。自己処理することによって、肌の乾燥を招いて妊娠線が出来やすくなってしまいます。この2箇所は、気になっても触らないようにしておきましょう。とくにデリケートゾーンのお手入れは、感染症にかかってしまうと早産や流産のリスクがあるため絶対にやめてください。

女性は、おなかに子供を宿した時点で子育てが始まっています。綺麗になりたい気持ちも分かりますが、なるべくおなかの赤ちゃんとママの体調を考えて脱毛は辞めてください。生んだ後、生理が再開すれば、安定して脱毛を受けることが可能ですので、それまでは我慢しましょう。