顔脱毛を受けるにあたって、より高い効果を安全に得るためには、脱毛サロンのスタッフさんの技術や機械の性能も大事ですが、私たち施術を受ける側の努力も大切です。

ポイント

顔脱毛を、安全に・効果的に受けていただくために気をつけてほしい事項をまとめました

顔脱毛をする際の注意事項

エステティックサロンで相談する女性

脱毛に通っている間に控えたほうがいいこと

日焼け

肌が焼けてしまうと、照射される光の熱に肌が耐えられなくなって炎症や火傷に繋がってしまいます。そのようなリスクを避けるために、日焼けをした直後の方への施術は断るケースが非常に多いです。脱毛に通っている間の日焼けは、脱毛効果も十分に発揮されないので極力控えてください。

あかすり、ピーリング

これらの行為は、肌表面にある角質を無理やり剥がして肌のバリア機能を低下させることにつながります。その様な状態で、脱毛の光を肌に照射してはトラブルの原因になってしまい非常に危険です。脱毛の施術をする前後2週間くらいは控えるようにしましょう。

岩盤浴、サウナ、入浴

施術する前日までは大丈夫ですが、脱毛後1週間くらいは控えてください。入浴に関しては、長時間でなければ問題はありません。施術箇所に赤みが出たり、炎症を起こす場合があります。脱毛後は、肌が熱をおびて軽い火傷状態になっていますので、外部から熱を加えないようにしましょう。

エステ

脱毛後にエステを受けると、かえって肌に負担がかかってしまいトラブルを招く原因になります。脱毛後は肌が弱った状態ですので、エステを受けるのも刺激になってしまいます。1週間ほどは控えてください。

激しい運動

脱毛をして1週間ほどは、汗をかくような激しい運動は控えましょう。肌が熱を持った状態で汗をかくと、脱毛した箇所が炎症を起こしてしまう場合があります。体を動かす場合は、軽いウォーキングやストレッチなどにとどめておきましょう。

毛抜き

脱毛時に照射される光は、毛の黒い色素に反応するものなので、毛を抜いてしまっては脱毛効果が発揮されません。脱毛に通っている間は、毛を抜かないようにしましょう。

その他には、洗顔時にゴシゴシこすらないこと、保湿を怠らないこと、肌が弱っている状態なので脱毛したタイミングで基礎化粧品を変えないこと、辛いものなど発汗作用のある食べ物は脱毛して2・3日は控えること、などが注意点として挙げられます。

注意事項が多くて面倒に感じますが、これらを守る事によって脱毛効果が高まるのでしっかりと守りましょう。

脱毛後にひと手間やってほしいこと

保湿

いつもの基礎化粧品で良いので、保湿は必ずおこなってください。脱毛後は肌が乾燥した状態になっていて、保湿を怠ると肌が硬くなってしまいます。なめらかな肌を保つためにも保湿はしっかりしましょう。当日は化粧水パックするのがおすすめです。

沈静

脱毛の施術を受けた日は保冷剤を当てたり、化粧水を冷やしてパッテングするなどで、肌を冷やしてください。肌を沈静することによってトラブルの予防になるうえに、脱毛効果が高くなります。

以上が脱毛に通う際、気をつけてほしいことです。これだけ読むと少し面倒に感じるかもしれませんが、保湿や日焼けはお肌のためにも普段から意識したほうが良いことなので、脱毛をきっかけに日々気をつけるようになるのは大きなメリットになると思います。