インターネットや、知恵袋サイトなどで脱毛に関するあらゆる噂が飛び交っています。その中のひとつに「脱毛をするとしみや、そばかすができる」という噂がありますが、これはありえません。間違った情報です。

ポイント

ここではしみ・そばかすに悩んでいる方にもおすすめの顔脱毛法をご紹介します。

なぜ脱毛するとしみやそばかすが濃くなるといわれているの?

しみ顔脱毛

脱毛をする際、照射される光が肌にダメージを与えるので、しみになると勘違いしている方がいらっしゃるようです。

確かに肌を焼いたときのように熱をおびた状態になりますが、照射される光はシミの原因になる紫外線ではなく赤外線なのでしみの原因にはなりません。ただし、脱毛後に肌が乾燥した状態でほうっておくと、色素沈着の原因になるのでその点のみ気をつけてください。

また、顔脱毛をすることによって、毛穴が引き締まり肌のトーンが明るくなります。そのため、今まで目立たなかったしみやそばかすが目に付いて濃くなったと感じてしまうかもしれません。あくまで肌が明るくなったことが要因なので、肌にとって良い効果が表れているのです。

しみ・そばかすがあると顔脱毛できないの?

光脱毛やレーザー脱毛は、どうしても黒い色に反応してしまうため、しみ・そばかすがある箇所は脱毛できません。

火傷を引き起こす原因になってしまう可能性があるからです。そのため、シールを貼って保護をしながら光を当てていきます。

ただし、以前顔脱毛をしたときに薄いそばかすぐらいならそのまま光を照射していたので、濃さにもよると思います。心配であれば、「サロンでしみやそばかすがあっても問題ないか」をカウンセリング時に相談すると良いでしょう。

しみ・そばかすがある方におすすめの脱毛法

ディオーネで取り扱っているハイパースキン脱毛法でしたら、しみ・そばかすに関係なく脱毛することが可能です。

この脱毛法は、光脱毛と違って黒い色素に反応するものではなく、光照射時の温度も低温なので火傷の心配がありません。

また、照射される光の美容効果でしみが薄くなったり、目立たなくなったりする効果もあります。(そばかすは生まれつきあるものなので、薄くなったり消したりするのは難しいとサロンのスタッフさんがおっしゃっていました。)

また、痛みに強い方・脱毛箇所が限定的な方はTBCのスーパー脱毛もおすすめです。

こちらは、美容電気針脱毛なので毛穴に針を通して、毛根に直接ダメージを与える脱毛法なので、しみ・そばかすのある箇所でも問題なく施術がおこなえます。

その上、他の脱毛方に比べると脱毛効果が非常に高いです。ただし、この脱毛法は、ほかの脱毛方に比べて痛みを伴う上に値段も張りますので、広範囲の脱毛や痛みに弱い方、肌が弱い方は少し向いていないようです。

いきなり顔脱毛をおこなうのに抵抗を感じる場合は、まずは脇脱毛からチャレンジするといいとおもいます。脇脱毛なら100円からおこなえる脱毛サロンもあるほどです。

脱毛がどういったものなのかを知った上で、顔脱毛をおこなえば不安なくお手入れが受けられるのではないでしょうか。

脇脱毛については、「わき脱毛のおすすめは?安いのは?【医療レーザー?脱毛サロン?】」のサイトをご覧ください。おすすめの脇脱毛サロンが紹介されています。

顔脱毛後の日焼けには要注意

顔脱毛後は、肌が敏感になっておりダメージを受けやすい状態でもあります。

顔脱毛後はスッピンで帰宅するという人も多いようですが、紫外線の強い夏場などはこれが原因で、シミやそばかすが増加してしまうケースがあります。

顔脱毛をした後に、たとえ何の予定がなかったとしても、移動手段が車だったとしても、かならず日焼け止めを塗ったうえで、エステサロンから帰宅するようにしましょう。

ただしこれは、日中に限った話になります。夜などの紫外線が出ていない時間帯であれば、わざわざ日焼け止めを塗る必要はありません。

そうなると顔脱毛をおこなうのに理想的な時間帯は、仕事帰りなどの夜18時以降といえますね。

夏場は、まだこの時間帯でも明るく紫外線がでていますので、夜19時以降と仮定しておくといいでしょう。

シミ・そばかす予防のために夏場の脱毛をおこなっていないサロンもある

夏場はとくに紫外線が強く、常に肌がダメージを受けているような状態になります。

肌への負担が強い時期になりますから、紫外線が強くなる6月〜8月は、シミ・そばかすを予防するために顔部位のみ脱毛を休止するエステサロンがあります。

先ほども言いましたが、顔脱毛が原因でシミ・そばかすが増えることはありませんが、顔脱毛後はどうしても肌がダメージを受けやすくなるため、予防処置として顔脱毛をおこなわないようにしているサロンもあるです。

夏場に顔脱毛をおこなう場合は、そのエステサロンが顔脱毛をしているのかどうか確認したうえでもカウンセリングの申込みをおこなうといいでしょう。

上述で紹介しているTBCとディオーネであれば、夏場でも顔脱毛をおこなっています。

そばかす・しみがある人は脱毛をしないほうが良い?

そばかすへの光の照射は問題ないのですが、肝斑(かんぱん)に光を当ててしまうとまれに濃くなる可能性があるようです。

肝斑とは、左右対称に現れるしみのことで、主に目の周りや頬、口周りなどに出やすい特徴があります。紫外線により増加したり濃くなったりするのですが、それだけでなくホルモンバランスの乱れでも症状が悪化するケースがあります。

脱毛の光は、紫外線ではなく赤外線になるので、直接的に肝斑を増加させる要因にはならないのですが、脱毛により肌が刺激を受けて肝斑が増加、または濃くなるのです。しみ・そばかすと肝斑の違いがわからない場合は、セルフチェック、または皮膚科での診察により判断することができます。

肝斑がある場合や、もしかしたら肝斑があるかもという方は、刺激の弱いハイパースキン脱毛法での施術がおすすめです。従来の光脱毛に比べて、光を照射する際の温度が36度と人肌程度の温度になっているので、肌に刺激を与えることなく脱毛がおこなえます。

今は、色々な脱毛法があるので、しみ・そばかすがあっても顔脱毛を受けることは可能です。ただし、脱毛をすること自体はしみ・そばかすの原因になりませんが、脱毛後の弱った肌で、紫外線を浴びてしまうと、しみが出来る原因になってしまいます。脱毛後、1週間は肌が紫外線にさらされないように注意してください。