顔脱毛で主流になっている脱毛方法は、医療レーザー脱毛と光脱毛です。医療レーザー脱毛は、出力が高いので永久脱毛効果が高いのですが、肌に負担がかかるので、トラブルになる可能性があるのです。その他にもレーザー脱毛と光脱毛には違いがあります。

医療レーザー脱毛と光(フラッシュ脱毛)の違い

顔脱毛の医療レーザーでトラブル

まず、医療レーザーですが、法律で医療行為とされているため医療機関のみでの取り扱いとなっています。そのため、エステサロンなどでレーザー脱毛を施術してくれるところはありません。医療レーザー脱毛は、医療機関で、光(フラッシュ)脱毛はエステサロンなどで受けられるものだと思っていただいて大丈夫です。

この2つの脱毛法ですが、肌に毛の色素に反応するレーザーを照射し毛根付近のにダメージを与えて、毛が生えてくるために必要な幹細胞を破壊します。脱毛方法は共通しているのですが、照射できる光の出力に違いがあります。出力が高い医療レーザーの方が、即効性は高いのですが、そのぶん肌に負担がかかるデメリットがあります。

また、2つの脱毛法は値段にも差があって、エステサロンの光(フラッシュ)脱毛は、医療機関で受けられるレーザー脱毛の3分の1と比較的施術の受けやすい金額になります。

顔脱毛をするなら医療レーザー脱毛と光脱毛どっち?

顔脱毛の医療レーザーでトラブル

上の説明を聞いただけでは、「高いけど、医療脱毛のほうがお医者さんに施術してもらえるし効果もありそうだから安心かも…」と思うかもしれません。

確かに、照射出力が高い、医療脱毛のほうが効果を実感するのが早いです。しかし、それだけ強い光をデリケートな顔の肌に当てることによって、肌に大きな負担がかかるので、肌トラブルの原因になる可能性があります。

「でも、何かあってもお医者さんが見てくれるし…」そうなってからだと遅いと思いませんか?いくら医療従事者に治療してもらっても、火傷などのトラブルになってからでは、完治すまでに時間がかかってしまいます。その間、脱毛の施術はおろか、お化粧だって出来なくなるかもしれません。

光脱毛は医療レーザー脱毛に比べると、長い期間をかけて根気よく通わなければいけませんが、安全性はとても高いのです。

医療レーザーに比べ、照射する光の強さが弱い分お肌への負担が軽減され、肌トラブルにつながる可能性も低くなるというわけです。高い効果を求める気持ちは分かりますが、何かあってからでは遅いのです。

ポイント

顔脱毛の場合は、医療脱毛の「ハイリスク、ハイリターン」よりも、光脱毛の「ローリスク、ローリターン」を選択されてみてはいかがでしょうか?

医療レーザー脱毛で起きた実際の医療事故

ここで今まで医療レーザーで起きてしまった、肌トラブルの実例をご紹介します。

火傷

医療レーザーは、毛根部分に強い光を当てて、いわば焼いてダメージを与えていますので、あまりにも光の出力が強いと火傷していまいます。お顔全体がやけどして長期でお化粧が出来なくなってしまったり、皮膚がめくれてしまうという実例もあります。

炎症後色素沈着

レーザーで、肌が傷ついた状態になってしまうと、肌はその傷を補修しようと自己回復機能により新たな皮膚を作り、その箇所が黒ずんで色素沈着になってしまいます。こうなってしまうと、改善するのが困難になります。

毛嚢炎(もうのうえん)

にきびのような症状で、肌に一気に負担がかかり、水分を失った肌を守ろうと肌が油分を分泌し、それが毛穴に詰まってしまうことで出来てしまいます。ほうっておくと色素沈着になってしまうので適切な治療が必要です。

私自身、光脱毛で顔脱毛をしてもらった際(私は顔の皮膚が人よりも薄い超敏感肌です)このようなトラブルに悩むことはありませんでした。腕や足などには、良いと思いますが、顔脱毛は、安全性の高い光脱毛が良いと言えるでしょう。

顔の医療レーザー脱毛は赤みが出やすい?

顔脱毛は、腕や足などと違って肌トラブルがおきやすい箇所になります。

皮膚が薄いので仕方がないのですが、赤みが出てヒリヒリする方も中にはいるようです。そのような肌トラブルに悩まされる原因と、そのときの対処法についてまとめました。

医療レーザーで顔を脱毛したときの赤み・ヒリヒリの対処法

顔の医療レーザー脱毛による赤み

医療レーザーで脱毛をしたら顔がヒリヒリして化粧水がしみる

脱毛後に、このようなトラブルに悩まされる方をたまにお見かけします。顔の肌は、赤みを帯びて熱くほってしまっている状態でした。

なぜそのようになってしまったかというと、肌が耐えられないほど、強い出力で光を照射してしまったのが原因です。

医療レーザー脱毛は、医師が施術をおこなうので強い出力で照射することが可能ですが、その分肌への負担が大きくなりトラブルを招きやすいとも言われています。

こうして肌が赤くなって熱をおびた状態は、肌が火傷しているのと同じです。例えるなら、日焼け止めを塗らずに長時間紫外線を浴びて、肌がヒリヒリと赤くなってしまった状態と似ています。強い力で洗顔したり、お化粧で毛穴を塞いで熱の放出を妨げたりする行為は辞めましょう。治りが遅くなり症状を悪化させる原因になります。

保冷剤や冷たいお水でやさしく冷やして肌を沈静した後に、化粧水と美容液でたっぷり保湿しましょう。

また、このようなトラブルに見舞われた際は、必ず施術した医療クリニックに報告してください。きちんとしたクリニックであれば、お薬を処方してくれたり何らかの治療をおこなっていただけます。何の対処もしてくれないクリニックは信用ができないので、今後は通われるのをやめたほうが良いでしょう。

光脱毛よりも医療レーザーのほうがトラブルになりやすい?

やはり医療レーザー脱毛のほうが光の出力が強い分、トラブルを招く結果になる可能性が高いといえます。

万が一、肌トラブルが起きても医師が対処することを前提に高い出力での施術をおこなっているので、そこに脱毛サロンとの大きな違いになります。脱毛サロンでは何かトラブルが起きてはいけないので、光の出力をあまり強くしてはいけないと決められているからです。

トラブルが起きないように光の出力が制限されている脱毛サロンと、トラブルが起きてもすぐに医師が対応できるからといって高い出力で施術がおこなえる医療クリニックとでは、やはり脱毛サロンのほうが肌トラブルにつながることは少ないようです。

もちろん、医療クリニックで何かトラブルがあれば医師に治療をおこなっていただけるので心配は要りませんが、できることならはじめから何も無いのが1番ですよね。

顔脱毛は他の箇所に比べて肌トラブルが多く報告されているので、やはり脱毛サロンでの光脱毛のほうが低リスクな顔脱毛ができるのではないでしょうか。リスクなく顔脱毛をするなら、脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。